×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「ひみつ道具」の秘密

ドラえもんといえば、四次元(よじげん)ポケットから出す(だす)、未来(みらい)の道具(どうぐ)の「ひみつ道具(どうぐ)」です。ほとんどドラえもんは、のび太(のびた)を助ける(たすける)目的(もくてき)で取り出し(とりだし)ます。一部(いちぶ)の「ひみつ道具(どうぐ)」には、ドラえもんが製造(せいぞう)された時(とき)に、最初(さいしょ)からポケットに組み込ま(くみこま)れていた道具(どうぐ)もあるようです。しかし、実際(じっさい)のところは、ドラえもんが未来(みらい)のデパートに行って(にいって)買っ(かっ)てくることが多い(おおい)です。ドラえもんが買う(かう)道具(どうぐ)には、高価(こうか)な物(もの)がないわけではありませんが、ほとんどが安い(やすい)物(もの)で、1回(かい)限り(かぎり)の使い捨て(つかいすて)の道具(どうぐ)が多い(おおい)です。中(なか)には、レンタルした道具(どうぐ)もあるようです。「ひみつ道具(どうぐ)」は百ヶ月(かげつ)に一度(いちど)、セワシとドラえもんが定期(ていき)検査(けんさ)を行って(をおこなって)、故障(こしょう)しているものがあったら、それは修理(しゅうり)に出す(だす)ようにしています。このようなことから、目当て(めあて)の道具(どうぐ)がすぐに使え(つかえ)ないことが多い(おおい)です。また、使え(つかえ)なくなってしまった物(もの)や使わ(つかわ)ない物(もの)、また危害(きがい)を与える(あたえる)可能性(かのうせい)のある物(もの)などは、「四次元(よじげん)くずかご」に処分(しょぶん)するか、穴(あな)を掘っ(ほっ)て埋め(うめ)ているようです。未来(みらい)のデパートで購入(こうにゅう)したものは、店員(てんいん)を呼ん(よん)で返品(へんぴん)することができます。「ひみつ道具(どうぐ)」は、規則(きそく)によると、個人的(こじんてき)で使う(つかう)以外(いがい)には使用(しよう)してはいけないことになっています。たとえば、金儲け(かねもうけ)を目的(もくてき)として使う(つかう)と、莫大(ばくだい)な罰金(ばっきん)を払わ(はらわ)ないといけません。また、犯罪(はんざい)に「ひみつ道具(どうぐ)」を使用(しよう)した場合(ばあい)は、タイムパトロールに逮捕(たいほ)されます。このように「ひみつ道具(どうぐ)」は奥(おく)が深く(ふかく)、それが「ドラえもん」の魅力(みりょく)のひとつではないでしょうか。アコムは、TVのCMなどで、誰もが知っている三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融キャッシング業者です。

ドラえもん 映画

ドラえもんといえば、四次元ポケットから出す、未来の道具の「ひみつ道具」です。

ドラえもん 映画